金融SEの就職

【経験者が語る】システムエンジニアに必要な知識・資格・スキルとは何か?

システムエンジニアになるのに資格は特に必要とされません。

しかし、システムエンジニアの仕事は、

  • ITに関する幅広い知識
  • お客様先と働くスキル
  • 他社のITエンジニアと協働する

などのスキルが必要です。

 

そこで、これからシステムエンジニアを目指す方のために、システムエンジニアに必要な知識やスキル、そして、それを学ぶためにぜひ取得してほしい資格についてご紹介します。

 

システムエンジニアに必要とされる知識とは

システムエンジニアに必要な資格はない

プログラマなどのITエンジニアと同じように、システムエンジニアになるために必要な資格はありません。

しかし、情報システム全般に関する知識は必要とされます。

そのため、システムエンジニアを目指すなら、まずは知識を習得せねばなりません。まずは、システムエンジニアとして働くために学んでほしい知識やスキルについて解説します。

 

幅広いITの知識が求められる

システムエンジニアの仕事を一言で表すなら、ITに関する何でも屋です。

特定のIT技術に関する深い知識やスキルではなく、広く浅く、そして適格にポイントを押さえた知識が求められます。そのため、IT業界でよく使われる言葉の意味くらいは最低限知っておきましょう。

 

IT技術者・専門家と話せるスキル

なお、システムエンジニアとは、プログラマーやインフラエンジニアなど多くのIT技術者と協力し、情報システムの開発を進めたり、安定して動かすのが仕事です。

そのため、そういった専門家と技術的な話ができなければ、システムエンジニアの仕事は勤まりません。

 

技術的な話をユーザーや顧客に説明するスキル

加えて、システムエンジニアは技術的な話を分かりやすく利用者や顧客に説明しなければなりません。専門家のように詳細を学ぶ必要はありませんが、自分の扱う情報システムで使われている技術については、誰にでも解説できる程度の知識を身に付けましょう。

 

 

業務知識は必須

システムエンジニアの重要な仕事は、利用者や顧客のメリットになる情報システムを提案することです。

そのためには、

  • システムを使う側が何を望んでいるのか理解すること
  • 問題があれば原因となっている課題は何かを聞き出すこと

上記のような力が必要になります。ゆえに、利用者や顧客と対等に話すための業務知識が必要なのです。

 

優れたシステムエンジニアとは

なお、優れたシステムエンジニアは顧客の業務をよく理解しており、そのうえで業務の課題を解決できる情報システム・サービス・ソリューションを提案します。

もしあなたが社内SEとして自社の情報システムの開発や維持に関わるのなら、一般社員の仕事を理解し、ITを活用して課題解決できるシステムを提案しましょう。

 

 

コミュニケーションとマネジメントのスキルも

先ほど解説したようにシステムエンジニアは、

  • 情報システムの開発や維持に関わるIT技術者
  • その情報システムを使う社員または顧客

の間で仕事をします。

 

コミュニケーションスキル

両者が納得できるように不具合の調整、折衝や交渉することがのが多いことから、コミュニケーションスキルは必須といえるでしょう。

 

マネジメントスキル

大規模プロジェクトを問題なく進めるためには、マネジメントスキルも必要です。

チームメンバーや部下、委託先の社員を統率する力も求められます。

 

最終的には、ヒューマンスキル

システムエンジニアとして働くなら、エンジニアに必要とされる技術的な知識やスキルだけにこだわらず、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルといったヒューマンスキルにも関心を持ちましょう。

 

 

社内SEに必要な資格とは

システムエンジニアの中でも社内SEは、最新のIT技術を学んだり使う機会が限られています。

ITの世界は進歩が速く、社内に閉じこもっているとあっという間に時代から取り残されてしまいます。そうならないために、積極的に学ぶ習慣を身に付けましょう。

 

とはいえ、目標無しに勉強するのは、誰にとっても苦痛です。そこでITに関する知識を学ぶために活用したいのが情報関連の資格試験です。

 

幅広いITの知識が学べる基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは

基本情報技術者試験は、IPA独立行政法人が実施している情報処理に関する国家資格で、ITエンジニアとして必要な基礎的な知識や技能を持ち、それを仕事で活用できることを認定する試験です。

試験の出題範囲はITに関する全般に及び、難易度はそれほど高くないことから、これからシステムエンジニアを目指す方がITの幅広い知識を学ぶのにちょうどいい試験です。

 

なお、基本情報技術者試験は多くの参考書や問題集が出ているので活用してください。会社によっては試験費用を負担してくれる制度があるのでチェックしてみましょう。

 

 

まとめ

IT技術者(システムエンジニア)として成長するには日々学習し続ける習慣が欠かせません。

必要な知識を仕事で積極的に習得し、スキルを身に付けましょう。そして、学ぶための目標としたり、自分がどれだけ学んだかチェックするために、ぜひ、資格の取得にも挑戦してみてください。

 

-金融SEの就職
-

Copyright© 金融系SEになろう! , 2020 All Rights Reserved.