金融SEの就職

【超初心者向け】システムエンジニアを志望するときに読むべき本と学ぶべき4つのこと

システムエンジニアを目指すためにできることの一つに読書で学ぶことがあります。

実はSE志望の学生にとって、読みやすくて且つタメになる本はたくさんあります。

むしろどれから読めば良いのか、あるいは何から勉強すれば良いのかわからなくなりますよね。

 

この記事では、悩める学生向けに、

  • SEになるために学ぶべき4つのこと
  • それらが学べる4冊の良書

を紹介します。

SEになるために学ぶべき4つのことは、大きく2つに分類できます。一つはSEという仕事について学ぶこと、もう一つは専門分野を学ぶこと

それでは順番に見ていきましょう!

 

【経験者が語る】システムエンジニアに必要な知識・資格・スキルとは何か?

システムエンジニアになるのに資格は特に必要とされません。 しかし、システムエンジニアの仕事は、 ITに関する幅広い知識 お客様先と働くスキル 他社のITエンジニアと協働する などのスキルが必要です。 ...

続きを見る

 

SE(システムエンジニア)について学ぶ

学ぶべきポイント

  • SEの全体像と基本
  • SEに必須なスキル

SEを目指すなら、SEがどのように働いており何のスキルを求められるのか、つまり『システムエンジニアとは何者か』を学ばなければ話が始まりません。

IT業界の入門書と呼べる本は数多あります。

中でも特に読みやすく、SEについて簡単に知ることができる2冊の本を紹介します。

 

SEの全体像・基本を知る

SEとして働くためには、まずSEとは何かをしっかりと学びましょう。

SEに必要なスキル、スキル形成、リーダーシップやチームワーク、マネジメントスキルに加えてSEとしての心構えなど、働く前に知っておきたい情報が全て詰まった一冊があります。

何も知らずにSEの世界に飛び込むのと、ある程度イメージを確立させてから一歩を踏み出すのとでは、気の持ちようが大いに変わってきます。

SEの基本 この一冊で全て分かる』は読んでおいて損はないでしょう。

 

 

 

当ブログでは本を読まなくてもSEがわかるように、ていねいに解説していますので関連記事も読んでみてくださいね。

システムエンジニアの役割と3つの種類とは【SIer・社内・客先常駐型SEの違い】

システムエンジニアは、ITに関係する仕事を表す便利な言葉として、企業の求人などによく使われています。 そのため、同じシステムエンジニアの仕事のはずが、全く違う仕事だった、ということが珍しくありません。 ...

続きを見る

 

必須スキルを学ぶ

前述の『SEの基本 この一冊で全て分かる』と内容が重複するところもありますが、この本ではSE必須のスキルが更に細かく解説されています。

ITエンジニアのプロ中のプロが、SE必須の基礎知識を、図解付きで各20テーマにわけて説いています。

ITの技術的な面だけでなく、マネジメントスキルやヒューマンスキルのように、学校ではなかなか教えてもらえないことも解説されているのが本書のおすすめポイントです。

若手エンジニア向けとされていますが、中堅エンジニアにとっても学べる一冊。キャリアアップした後も、ふとしたときに役に立つ一冊かもしれません。持っていて損はないです。

『若手ITエンジニア 最強の指南書』

 

なお、SEに関する志望動機の考え方は「システムエンジニアを目指すときの志望動機の考え方【好印象なESが書ける】」という記事で解説しています。一緒に読むと理解が深まるので読んでみてくださいね。

 

SEに必要な専門知識を学ぶ

学ぶべきポイント

  • プログラムの仕組み
  • AIなどの最新技術

SEとは何たるかを学んだあとは、業界の専門知識を学習しましょう。

コンピュータに関するトピックは難しいものが多く、全ての知識を網羅することは容易ではありません(というか、無理です笑)。

専門分野の学習は、就職活動にも入社後にも役に立ちますよ。

 

プログラムの”仕組み”を学ぶ

SEとしての働き方や心構えを学んだら、次はプログラムの仕組みについて学ぶと良いでしょう。

プログラムの裏側まで学ぶ事ができる著書『プログラムはなぜ動くのか〜知っておきたいプログラムの基礎知識』では、CPUやメモリーといったコンピュータについての基礎知識から、プログラムはどのようにメモリーを使っているかなどの仕組みまで学ぶことができます。

プログラミングの技術書ではなく解説本なので、IT業界を志す学生は読んでおいて損はないでしょう。

 

AIなどの最新技術を学ぶ

今現在、AI事業は急成長しています。

学生のあなたが一流のシステムエンジニアとして活躍するときには既に、AIはごく身近なものになっているかもしれません。そして、これからは人工知能や機械学習について詳しいエンジニアが重宝される時代が訪れます。

事実、10年前はフィンテックという言葉が出始めたばかりでしたが、最近はみじかなものになってきましたよね。

 

 

ITエンジニアは常にフレッシュな情報に触れておくこと

エンジニアとして自分の価値を高めるためには、時代を先取りして情報を得ていく心意気が大切です。
将来を見据えて、今から人工知能について見識を広めていきましょう!

AIに関する書籍は様々にありますが、まず初めは概要を掴むために、易しい内容の一冊を選ぶと良いでしょう。

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』では、自ら学習して成長する力を手に入れた次世代ロボットは、私たち人間の社会にどのような変革をもたらすのか、AIは人類を滅亡させるのか…といったキャッチーな話題を元に、人工知能について解説しています。

 

 

以上

システムエンジニアを目指す学生がやっておくべき3つのこと

  近年、社会の情報化と働き手の減少から、システムエンジニアの採用枠が増えています。未経験エンジニアの採用が盛んになっている一方で、まだまだ優良企業では採用倍率は高いままです。 せっかくシス ...

続きを見る

-金融SEの就職
-

Copyright© 金融系SEになろう! , 2020 All Rights Reserved.