E8500 オーバークロック (CPUクーラー換装につきリベンジ編)

前回は、リテールクーラーがしょぼすぎて散々でしたが、忍者弐も買ったことですし、もう1回オーバークロックにチャレンジしてみたいと思います。

とりあえずは前回と同じく、できるだけI45の設定をAutoにして試してみます。すると、結果は次のようになりました。

FSB333→正常
FSB366→正常
FSB400→OS起動は問題ないが、SP2004_Orthosを回すとエラー
FSB433→起動できない

原因はおそらくメモリが追い付いてないためです。オーバークロックメモリでもないのに、Autoのままだと無理をさせてしまうらしい(比率5:6でした)。そこで、手動で比率を1:1に設定し直してテストしよう。そうすれば、FSB400では定格で動くし、問題ないと予想される。そして、実際にやってみた結果がこんな感じ。

FSB400→正常
FSB433→正常(やっぱり!)
FSB443→正常(この程度ならメモリも平気)
FSB453→正常(まだいける)
FSB464→OS起動は問題ないが、SP2004_Orthosを回すとエラー
FSB474→OS起動は問題ないが、SP2004_Orthosを回すとエラー

これ以上は4.5GHz越えたのに満足してやってません。メモリ以外の設定はいじってませんがここまでいけるんですね。しかも、明らかに限界が来てるのはメモリのほうなので、CPU的にはまだまだいけるってことでしょうかね。

いろいろデータも取ったので、それも載せたいと思います。

  • CPU : E8500
  • Cooler : 忍者弐
  • M/B : BIOSTAR TPOWER I45
  • Mem : PULSAR DCDDR2-4GB-800
  • VGA : 9600GT
  • Case : CM 690 (FANは、背面、全面、サイド下、底面に12cmFAN)
  • 電源 : 玄人志向 KRPW-V560W
  • 室温 : 26℃

測定ソフトは、CPU-Z([CPU Voltage][DRAM Frequency][FSB:DRAM])、CoreTemp([Core#0][Core#1]を測定しましたが、すべて場合でふたつのコアが同じ温度だったので単に[Core温度]とします。)、M/B(I45)の付属ツール([NB/SB Volt][DDR2 Volt][FSB Volt])です。

※負荷テストは、SP2004_Orthosを30分くらいしかやってないです。
※倍率はすべて9.5です。
※値は適当に四捨五入してます。

■FSB333
  • 動作クロック : 3170 MHz
  • CPU Voltage : 1.20 V
  • NB/SB Volt : こちらのミスにより不明
  • DDR2 Volt : ↑
  • FSB Volt : ↑
  • DRAM Frequency : 400 MHz
  • FSB:DRAM : 5:6
  • Core温度(Idle) : 34 ℃
  • Core温度(Load) : 49 ℃
■FSB366
  • 動作クロック : 3486 MHz
  • CPU Voltage : 1.25 V (+0.05)
  • NB/SB Volt : 1.11 V
  • DDR2 Volt : 1.92 V
  • FSB Volt : 1.14 V
  • DRAM Frequency : 440 MHz
  • FSB:DRAM : 5:6
  • Core温度(Idle) : 37 ℃ (+3)
  • Core温度(Load) : 52 ℃ (+3)
■FSB400
  • 動作クロック : 3808 MHz
  • CPU Voltage : 1.25 V
  • NB/SB Volt : 1.18 V
  • DDR2 Volt : 2.02 V
  • FSB Volt : 1.19 V
  • DRAM Frequency : 400 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 40 ℃ (+3)
  • Core温度(Load) : 62 ℃ (+10)
■FSB433
  • 動作クロック : 4120 MHz
  • CPU Voltage : 1.30 V (+0.05)
  • NB/SB Volt : 1.18 V
  • DDR2 Volt : 2.02 V
  • FSB Volt : 1.19 V
  • DRAM Frequency : 434 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 42 ℃ (+2)
  • Core温度(Load) : 63 ℃ (+1)
■FSB443
  • 動作クロック : 4217 MHz
  • CPU Voltage : 1.30 V
  • NB/SB Volt : 1.18 V
  • DDR2 Volt : 2.02 V
  • FSB Volt : 1.19 V
  • DRAM Frequency : 444 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 42 ℃
  • Core温度(Load) : 64 ℃ (+1)
■FSB453
  • 動作クロック : 4308 MHz
  • CPU Voltage : 1.35 V (+0.05V)
  • NB/SB Volt : 1.22 V
  • DDR2 Volt : 2.06 V
  • FSB Volt : 1.24 V
  • DRAM Frequency : 453 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 46 ℃ (+4)
  • Core温度(Load) : 75 ℃ (+11)
■FSB464
  • 動作クロック : 4418 MHz
  • CPU Voltage : 1.35 V
  • NB/SB Volt : 1.22 V
  • DDR2 Volt : 2.06 V
  • FSB Volt : 1.24 V
  • DRAM Frequency : 465 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 48 ℃ (+2)
  • Core温度(Load) : 測定不能
■FSB474
  • 動作クロック : 4509 MHz
  • CPU Voltage : 1.35 V
  • NB/SB Volt : 1.22 V
  • DDR2 Volt : 2.06 V
  • FSB Volt : 1.24 V
  • DRAM Frequency : 474 MHz
  • FSB:DRAM : 1:1
  • Core温度(Idle) : 48 ℃
  • Core温度(Load) : 測定不能

うーむ、FSB453でコア電圧が上がって、コア温度が上がるのは理解できます。しかし、FSB443ではコア電圧がプラスされてもコア温度はそれほど変化がない。逆にその前のFSB400では電圧は変わってないのに負荷時のコア温度が10℃も上昇してます。ちょっとよくわからないなぁ。

次はまた別な条件でテストしてみよっと。

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL