CPUクーラー 「忍者弐」 購入

忍者弐  全景

忍者弐を買ってきました。S1284と迷ったけど(というかS1284買おうと思ってた)、安くなってたので忍者弐のほうを選んでしまった。

ヒートパイプ
ヒートパイプ
付属品

とりあえず、でかいです。M/Bのレイアウト的にCPUが上にあるのもありますが、ケース(CM 690)のトップの二つのファンとサイドの上に装着できるファンは物理的に装着できなくなってしまいました。

装着

リテールクーラーとの比較をしてみました。リテールと忍者弐で定格状態でどれだけの温度差がでるのか、アイドル時と負荷時について測定しました。


室温 : 25℃
CPU : E8500 定格
Cooler : リテール と 忍者弐ファンレス
M/B : BIOSTAR TPOWER I45
Mem : PULSAR DCDDR2-4GB-800
VGA : 9600GT
Case : CM 690 (ファンの追加はなし)
電源 : 玄人志向 KRPW-V560W

CoreTempとM/Bについてきたツールで、それぞれコア温度とCPU温度を測定しました。負荷かけにはSP2004を使用しました。

リテールクーラーと忍者弐(ファンレス)のE8500@3.16GHz(定格)におけるCPUおよびコア温度

全体的に10℃くらい温度が下がっています。しかも忍者弐はファンレス状態ですので、かなりの威力を発揮してると思います。

ファンをつけた場合の温度の測定などもしたいと思ってるのですができなかったので、また後日やりたいと思います。

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL