CoolerMaster CM 690 がやっと届く

注文していたケースがやっと届きました。これでやっと、机の上にM/Bを広げたままの状態から解放されます。注文していたのはクーラーマスターのCM 690というやつ。なんか最近やたらと人気らしくてどこも在庫がないらしいですね。ちょっと前はそんなことなかったと思うんですが。在庫がないということで他のにしようかとも思ったのですが、他にほしいケースがひとつも見つからなかったのでコレにしました。

CM690 正面
CM690 正面
背面
CM 690 背面

ファンは、前面、底面、背面、側面x2、側面(CPU裏)、上面x2、と8個のファンを装着することが可能。最初からついてるのは、前面(青く光る)、背面、側面、の3個。

正直、こんなにファンいらないなぁ。まぁそれがこのケースのコンセプトなので仕方ないかもしれないけど、個人的にはCM690の静穏版みたいなのが出るといいんじゃないかとおもうんだけど。「COSMOS」と「COSMOS S」的な感じで。

あと、底面ファンは、電源の種類によってはコードが邪魔でうまく取り付けることが難しい場合もあると思います。自分の場合は思いっきりそれでした。(電源:玄人志向 KRPW-V560W)

サイド
CM 690 サイドから
ライトサイド
CM 690 ライトサイド

HDDは専用のプラスチックのトレイにセットする仕組み。普通のケースとは違って(普通がどっちなのかわからないけど)、HDDの向きが横向き。これによってケース内のスペースがちょっと広くなっていて、例えばグラボの長さが長めだったとしても干渉しないようになっています。ただし、サイドパネルとHDDのスペースが狭いのでHDDにつなぐケーブル類はL字のものを使ったほうがいいと思います。

HDDトレイ
CM 690 HDDトレイ

5インチベイにはドライブなどをねじとか工具を使わないで固定できるような仕組みが組み込まれていますが、片側しかないしちょっと心配。ドライブ類とかは振動とか敏感そうなので結局はねじ止めすることにしました。

また、ねじ類はなぜかケース内の5インチベイの横あたりの専用スペースにねじ込まれている。メリットがわからないんだけどどういうことなんだろう。普通に袋に入れておいてくれたらいいのに。わざわざねじ穴切って、ねじをねじ込んでっていう工程ってかなり無駄だと思うんだけどなぁ。

5インチベイ
CM 690 5インチベイ

拡張スロットも5インチベイと同じように独自のねじや工具を使わない機構を装備してますが、こちらは5インチベイの心配な感じは感じさせない。簡単に取り付けることができて完璧な仕組みだと思った。

スロット
CM 690 スロット

それと、全面パネルが取りにくい。結構な力で固定されていて、壊しそうなくらい力を入れないと外れなかった。そして、上面パネルはもっと取りにくい。取説には取れるっぽいイラストがあるんだけど、結局取り外し方はわからなかった。

それと、8ピンの電源ケーブルはきっと裏配線のほうがきれい。自分の場合は長さが足りなかったので延長ケーブを買ってきました。

一応自分が組んでて思ったのはこんな感じでしょうか。普通に良いケースだと思いました。

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL