靴磨きの仕方

ブラッシング

ブラシで靴の汚れやほこりなどを落とす。このとき使用するブラシは馬毛などの柔らかいものを使用するのが良い。また、靴磨きは頻繁にする必要はないが、ブラッシングは靴をはいたあとは毎回行うのが良い。

汚れ落とし

リムーバーを柔らかい布などに含ませ、靴全体の汚れを落とす。この工程により、靴全体のつやがいったんなくなる。なお、この工程は毎回行う必要はなく、飛ばしてもよい。このとき使用するリムーバーは、M.モゥブレィのステイン・リムーバー(Stain Remover)が有名。

乳化性の靴クリーム

無色(ニュートラル)もしくは靴の色に合った靴クリームを靴全体に薄く塗り広げる。このとき、布を使う方法、ペネトレイトブラシを使う方法などいくつかのやり方がある。布だけだと届かない隙間もあるので、ブラシを併用するのが良い。個人的にはペネトレイトブラシだけで特に問題ない。また、クリームを全体に塗ったあとは、クリームを靴になじませるためにできるだけ時間をおくようにする。

ペネトレイトブラシ 豚毛 ホワイト
R&D ペネトレイトブラシ
売り上げランキング: 11

ブラッシング

仕上げ用のブラシで全体にブラシをかける。余分なクリームを落とすのと、ブラッシングによってつやが出る。ここで使用するブラシは汚れ落とし用のブラシとは別のブラシを使用し、また靴の色によっても使い分けた方が良い。馬毛よりは豚毛や化繊などのブラシの方が適している。

仕上げ磨き

最後に、きれいな布などで磨く。専用の布やグローブもある。

M.MOWBRAYエムモウブレイポリッシングコットン
M ポリッシングコットン
売り上げランキング: 40

更なるつやだし

仕上げ磨きまでが靴磨きの工程だが、さらにつやを出したい場合はポリッシュ(油性のワックス)を用いる。ピカピカにしたい場合は水を数滴たらすとのこと。なお、ポリッシュは艶を出すほか防水の効果もあるが、塗りすぎても革に良くないため、つま先部分だけにしておいた方が良い。

M.MOWBRAYエムモウブレイハイシャインポリッシュブラック
ハイシャインポリッシュ
売り上げランキング: 906
キィウイ 油性靴クリーム 黒 45ml
シービック (2011-08-12)
売り上げランキング: 2,456

参考

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL

«