複数のハードディスクを搭載できるハードディスクケース(MARSHAL MAL-3035SBKU3)

余っているHDDを整理するため,外付けハードディスクケースを購入した.ハードディスク1台用のケースは,玄人志向のGW3.5AA-SUEをすでに持っているけれど,複数使うにはACアダプターが台数分必要だったりとか使い勝手は悪い.

玄人志向 外付けHDDケース GW3.5AA-SUE | ROKU STUDIO

そこで,複数のハードディスクを搭載できるハードディスクケースを検討した.RAID機能やNAS機能などはいらないので,本当にケースとして使うだけのシンプルなもの.候補は,裸族のカプセルホテル CRCH35U3IS,裸族の集合住宅5Bay USB3.0&eSATA CRSJ535EU3,裸族のスカイタワー 10Bay CRST1035EU3,MAL-3035SBKU3,RAIDON 外付HDDケース4台 J4-4S-SB3,ロジテック LHR-4BNEU3,などがある.

センチュリー 裸族のカプセルホテル CRCH35U3IS
センチュリー (2012-12-08)
売り上げランキング: 9,599
センチュリー 裸族の集合住宅5Bay USB3.0&eSATA CRSJ535EU3
センチュリー (2012-06-21)
売り上げランキング: 1,475
センチュリー HDDケース 裸族のスカイタワー 10Bay CRST1035EU3
センチュリー (2012-09-25)
売り上げランキング: 4,418
MARSHAL HDD TOWER 4 MAL-3035SBKU3
MARSHAL (2012-01-28)
売り上げランキング: 8,567
RAIDON 外付HDDケース4台 J4-4S-SB3
RAIDON TECHNOLOGY (2011-04-28)
売り上げランキング: 33,119

MARSHAL MAL-3035SBKU3

候補は割とたくさんあるが,結局MARSHAL MAL-3035SBKU3を買うことにした.その理由として,まず,搭載できるハードディスクの数はとりあえず4台も入れば十分であること.今後のためにハードディスクが10台も入る裸族のスカイタワーを買ってみるのもネタとしては良いかもしれないが.今回は特に冒険はしない.また,電源内蔵型(ACアダプタ不要)のケースのほうが電源ケーブルの取り回し的に圧倒的に使い勝手が良いので,その点を考慮した.

IMG_4417
IMG_4421

↑ 本体外観:大きさはまぁまぁ大きい.大きさの目安としては,ティッシュのボックスを2.5個積み重ねたぐらい.

IMG_4425

↑ 本体の裏側:USB3.0とeSATAに対応

IMG_4428

↑ 本体支持部:それなりにしっかりとした足

IMG_4431

↑ ハードディスク搭載部:工具レスでハードディスクを装着可能+2カ所ねじ止めも可

IMG_4438

↑ 付属品

IMG_4439

↑ USB 3.0 ケーブル

IMG_4440

↑ eSATAケーブル

IMG_4441

↑ 電源ケーブル

IMG_4442

↑ ねじ:ただし,これは2.5インチハードディスクを搭載するときに使用するものらしく,3.5インチのハードディスクとはねじのピッチが合わないので注意が必要

IMG_4443

↑ プラスドライバー #1 : 親切にもプラスドライバーが付属している.しかし,1番のドライバーのため付属のねじや一般的なハードディスク固定用のねじをしめるために使おうとするとねじの頭を痛めてしまう可能性が高い.したがって,ねじを使用するときには2番のドライバーを自前で用意する必要がある(ドライバーを付属する意味無し).

IMG_4459

↑ 接続時の様子:割とまぶしいLED

IMG_4444
IMG_4445
IMG_4446

↑ 説明書のハードディスクの組み込み方法にあるハードディスクを固定するためのパーツは最初からはめ込まれている.ハードディスクを組み込む際にはこのパーツを外す必要ななくて,少しだけ外側にしならせてやればハードディスクをはめられる.無理に外そうとするとツメを折ってしまったりとかめんどうなことになりそうなので注意する必要がある.ここは説明書が少し不親切.

IMG_4447

今のところ全く問題なく使用できている.本体はしっかりとしたスチール製のケースでずっしりとしているし,Macでも接続に特に問題はない(ただし,Mac側がUSB3.0に対応していないため,今のところUSB2.0でのみ動作を確認).ハードディスクの抜き差しなども簡単にできる.しかし,簡単にできるせいでやってしまいがちだが,ハードディスクケースを接続中に1台でもハードディスクを抜くとすべてのハードディスクが強制的に接続解除される.よって,ハードディスクを抜き差しする際には一度ケースの電源を落とす必要がある.そして,値段も約1万円で買えて,他のケースに比べても安いので,今のところ満足している.

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL