iPhoneへ音楽を転送する場合の圧縮率が選択可能になっていた

音楽ファイルを管理する場合,CDから取り込むときにはせっかくなのでできるだけ良い状態で取り込みたくて,AppleロスレスにしたりAACでもbpsをできるだけ大きいやつにしたりすることが多い.しかしながら,そうするとiPhoneに転送する際にファイルの容量が問題となる.

そこで,iTunesには便利な機能があって,iPhoneに転送する際に自動的に圧縮してから転送してくれる.その際の圧縮率は128kbpsに固定だったので,個人的にはそこまで圧縮してくれなくても容量に余裕があるのになと思っていた.ところが最近のアップデートでなのかどうかはわからないが,圧縮率を128kbps,192kbps,256kbpsの中から選択が可能になっていた.前々からなぜ圧縮率を選択できないのか疑問だったので,細かい部分だが改善されて少しうれしかった.

スクリーンショット 2012-05-21 2.44.55

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL