100円の電源タップをスイッチ付きにする

FOSTEXのPM0.4というスピーカーは,電源スイッチおよびボリュームがLとRで独立で,しかも背面にあるため電源のオンオフが非常に煩わしいという欠点がある.ということで,本体のスイッチは常にオンにしておいて,スイッチ付きの電源タップで電源のオンオフを管理するのが便利である.

今回は,家に余っていた電源タップにスイッチをつけることにより自作することにした.

IMG_2751

これが対象となる電源タップである.100均でうっている3口のタイプ.

IMG_2731

これが,中間スイッチ.価格重視で選んだ.

製作方法

IMG_2733
IMG_2735
IMG_2761
IMG_2763
IMG_2765
IMG_2771
IMG_2773
IMG_2775
IMG_2779

↑ 今回使用した工具など.ピンをケーブルの被膜の上からぶっさすという仕組みのためワイヤーストリッパーやはんだなどはいらない.スイッチ装着後は,しっかりとテスターでショートなどしていないかは確認した方が安全.

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL