MacBook Air をメインマシンとして使うために

いろいろ考えて,これからはMacBook Airをメインマシンにしようと思っている.メインマシンというのはつまり,自宅でも外出先でもMBAのみですべて済ませるということ.以下に,そのためにしたこと,しようと思っていることをまとめる.

ストレージの問題

MBAをメインマシンにするにあたり,CPUだとかメモリだとかの処理速度に関するスペックはおそらく問題ない.一番大きな問題は,写真やら音楽やらをどこに保存するかということである.解決策としては,外付けHDDやNASを使う方法がある.僕の場合はあんまりお金がないので当面は外付けHDDを使うことにした.

iTunesやiPhotoであれば,ライブラリを丸ごと外付けHDDのほうに移し替えてしまえば良い.これで,動画,音楽,写真とストレージが足りなくなる主な要因は外に出すことができた.もしも外でもiTunesで音楽が聞きたいとか言う場合は,ライブラリを2つつくり,内蔵ストレージに保存するローカル用のライブラリを別に作成する方法がある.これはiPhotoも同様で,どちらもアプリケーションを起動するときにoptionキーを押しながら起動するとうまいこといくはず.

自宅の作業環境の問題

自宅でフルHDやWUXGAのディスプレイを使っていた場合,MBAのディスプレイのみで作業するには少し窮屈に感じることもあるかもしれない(実際にはそこまで困らない気がするけど).そのような場合はリッドクローズドモード(クラムシェルモード)を利用することにより,MBAを通常のデスクトップマシンとほぼかわらぬ環境で使うことができるようになる.(ということで,僕の場合はメインマシンで使おうという一心で13″にしちゃったけど,外であまり大きな作業をしない人は11″を買った方が良いかもしれない)

この際,必要となるのは,Mini DisplayPort – DVI などの外部ディスプレイに出力するためのアダプタとキーボード,マウスなど.MBAのキーボードとトラックパッドを使うことも可能だが,その場合はMBA以上の解像度で出力することができなるなるとか(まだ試してないのでわからない).また,Intel HD Graphics 3000 は1画面の出力にしか対応していないため,外部ディスプレイを2画面以上使うのは不可能らしい.

まとめ

以上,僕の使い方に関して言えば問題はこの程度なので普通にメインマシンとして使える.その他の問題点としては,USBポートが全然足りないのでUSBハブが必須になり,Airと言いつつも自宅ではわりと配線がごちゃついてしまうということぐらいである.ここら辺はNASを買うとある程度良くなるかなと考えている,もしくは,iCloudに期待するか.

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL