Windows7にした


Windows7 Professional 64bit を買った。すげーよくなった!ってこともないんだけど、とくに問題もない。いろいろと泥臭いことしなくても済むようになったというのはやっぱり大きい気がする。環境を整えるのも大してすることがないし。そして、64bit環境になったことで4Gのメモリをフルに使えるようになったのがうれしい。うれしいだけで、増えたっていう実感はないけど。

SSDも一緒に買おうかなとか思っていたが、やめておいた。実は、RealSSD C300 の 64Gモデル が15000円ぐらいで買えると知って、ものすごく欲しくなった。ただ、6Gbpsの環境がないので、買っても性能を十分に発揮できないことから、購入は見送った。それに、Windows7にしておーってなって、SSDにしておーってなったら、2回おーってできるので、1回で全部変えちゃうよりお得な気もするし。M/BかSATAカードを買ってから、SSDにも踏み切りたい。

64bitにしたけど、64bitに対応しているアプリは実はあまり使う機会がなかったりする。chromeは32bit版しかないみたいだし。iTunesには64bitの方はこちら的なリンクがあるのに、インストールしてみたら、インストールフォルダがx86のフォルダにインストールしようとする。ここらへんであれって思ったんだけど、タスクマネージャーから見たらやっぱり32bitで動作しておる。どうやら、「64bitOS用の32bitアプリ」という意味だったらしい。普通の32bit版のiTnesを使おうとすると不具合がでるんだろうか。試していないのでよくわからない。

あと、タスクバーはとても便利。コンパクトにまとまってくれるというのもあるが、右クリックしたときの動作がうれしい。たとえば、iTunesならば、最近再生したリストが出てきてウインドウを開かなくても再生を始めることができる。

これはVistaの時からだけど、標準ランチャも検索でちゃちゃっとほしいものが出てくれるので使いやすい。コマンドランチャとの中間って感じでとてもよい。

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL