あきばおーに売っていた800円の三脚

あきばおーに売ってる普通のライトを自転車用に使うことができるライトホルダーのことについて書いたが、同時に三脚も買ったので、今回はそのことについて。

799円の三脚

100525_058

↑ これが、買ってきた三脚

一般的な三脚を持っていたことがないので、よくわかりませんが、このサイズのものが800円ってすごく安くないですか?正確には799円で売ってた。さらに、1500円以上のデジカメかメモリーカードと同時購入で500円で買えるとか、そんなことも書いてあった。前々から三脚が欲しいなと思っていたので、発見して10秒ぐらいで購入を決めた。

三脚ビギナー向けの定番商品

できるだけ安いやつで、まぁまぁ使えそうなやつという基準で探すと、概ね下記のような商品の購入を検討するのではないかと思う。

SLIK 小型三脚 コンパクト2
スリック
売り上げランキング: 2046

↑ おそらく、サイズ的にはこれと同じぐらいのサイズの物だと思われる。ちなみにこれはamazonで2000円ぐらいらしい。

SLIK 三脚 F740
SLIK 三脚 F740
posted with amazlet at 10.05.26
スリック
売り上げランキング: 162

↑ もう少し大きめの、こちらを今度買ってみようかなと思っていた。3000円ぐらい。ちなみに定価は12390円らしい。

これらの商品も、かなり安い部類の商品だと思うので、あきばおー三脚の800円という安さは圧倒的ではないか。(いや、知らんけど。)

ちなみに、なぜこれだけの低価格で提供出来るのかという点について店頭のPOPに書いてあったのは、本当はどっかのメーカー品なんだけど、工場から直接仕入れたとかなんとか、よく憶えてないけど怪しいことが書いてあった。

本題

前置きが長くなったけど、いろいろと写真とかを載せる。

100525_010

↑ こんな感じで、袋もついている

100525_012

↑ 袋から出すと、こんな感じ。この状態で35cmぐらい。

100525_014

↑ 一番低い状態でこんな感じ。室内で使うときとか良さそう。

100525_020
100525_016

↑ 雲台の周辺

100525_018

↑ おまけ程度だと思うが、水準器もついている

100525_022

↑ 雲台(カメラを固定するところ)

100525_025

↑ 三脚は100均のしょぼいやつしか触ったことがないので使い方が一切わからなかったが(説明書などはない)、このレバーを引くと、台座が外れるらしい。

100525_028

↑ このように。

100525_029
100525_030

↑ 裏返すと、ネジを回すためのものが収納されている。

100525_033

↑ カメラについてるこの部分に固定する。

100525_035
100525_037

↑ できた。

100525_039

↑ おー、なかなか。

100525_041

↑ ネジを緩めたりして調節すると、90度傾けたりとかもできる。

100525_042

↑ 中途半端な角度で固定することも可能

100525_043

↑ 脚の先っぽはこんな感じなっている。レバーを引くと延長できる仕組み。

100525_045

↑ 脚延長第一段階

100525_048

↑ 脚延長第二段階

100525_051

↑ 脚延長第三段階

このようにして高さを調節することができる。各段階でいっぱいまで伸ばしてるけど、任意の場所で固定することも可能。ただ、その場合は3本を揃えるのが大変か。レバーはワンタッチで、ネジとかではないので簡単。さらに、エレベーターって言うのだろうか、雲台の下のパイプも延長することができて、さらに高くできる。

100525_052

↑ この部分のネジを緩める。

100525_053

↑ 伸ばして、好きな位置で固定する。おそらく、三本の脚で調整しきれなかった微妙な部分を、ここで調整するのだろう。

100525_058

↑ そして、これが一番高くした状態。

一番高くして、だいたい高さが1mぐらい。一眼レフなどの大きなカメラだとわからないが、コンデジ程度なら割と安定している。夜景を撮ったりなどの三脚が必須の撮影や、一眼レフでさらに大きくて重たいレンズを装着する場合などでは、やや心もとない部分もあるかもしれないが、普段の撮影のアイテムとしては十分なものだと思われる。

ということで、とても素敵な撮影機材をゲットしたのでした。三脚を買う積極的な理由はあんまりないんだけど、ちょっと使ってみたいなー、とかいう人に特におすすめ出来るものだと思われます。

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL