コグ(小ギア)を交換し、ギア比を変更する

コグの交換

ギアが重いのでコグを交換した。

コグは小ギアとかスプロケットとかいろいろと呼び方があるみたい。僕がBMX乗ってた頃は前のチェーン引っ掛ける板をスプロケット、後ろがコグって感じで言い分けてたんだけど、どれが正しいのか。いろいろ見てると、BMX以外だと前はチェーンリングっていうことが多いみたいだ。確かにBMX用以外のやつってスプロケットっていうよりリングっぽいなぁ。

100403_012

↑ こちらが交換するコグ。17Tをチョイス。2500円もした。高い。 (参考→グランジ FIXED シングルギア 1枚)

100403_020

↑ コグ

100403_022

↑ ロックリング。ロックリングに関しては今ついてるのを流用もできるけどセットになって売っていた。

100403_009

↑ ロックリングを回す工具。引掛けスパナとかフックスパナとか呼ばれている。自転車用工具として売られているものもあるけど、ホームセンターにもいろんなサイズが売っている。ロックリングがφ42ぐらいだったのでφ40-42というサイズを買う。もうひとつ大きいのでも良かったのかもしれない。

100403_033

↑ コグを回す工具。ナローチェーン用を間違えて買ったので厚歯用にカスタム済み(参考→スプロケット抜き工具にはナローチェーン用と厚歯用があるみたい)。

100403_013

↑ コグのサイズが変わればチェーンの長さも変える必要があると思い購入(結果的には長さは変えなくて済んだけど)。amazonで630円。amazonが直接売ってるので送料無料。送料考慮したら一番安いんじゃないかなと思う。(参考→キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル チェーン切り〈コンパクトタイプ〉 Y-3111 )

交換作業は、コグは正ネジでロックリングが逆ネジだということさえ注意すれば難しいことはないと思う。ロックリングは外れたら怖いので割と強めに締める。なかには故意に固着させるためにグリスを塗らずにやるとかいう人もいるみたいだけど、それは怖いのでグリスは塗る。グリスって固着防止のためだけに塗るものじゃないと思うのだよね。

100403_035

↑ 無事交換できました

ギア比を変えてみて

結果的にギア比は3.07から2.71に変わった。2.8ぐらいがちょうどいいとか聞いていたのでかなり軽くなるのかと思われたがそうでもなく、むしろもっと軽くてもいいんじゃないかと思えた。まぁ、もともとがかなり重かったので変化は大きかったけど。

ママチャリのギア比

聞けば、ママチャリが一般的にフロント31から33Tリア14Tでギア比が2.21から2.36とかそこらへんらしい。そう考えると、ピストでも街乗りなら2.5くらいあれば十分じゃないかという気もしてくる。ギア比に関しては今後もいろいろ試したいなと考えております。

参考リンク

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL