緑色のストローはTULLY’S発祥という話

松田公太氏(タリーズインターナショナルファウンダー)の講演を聴く機会があったので。

いろいろ興味深い話はあったのだけど、全部書いてもしょうがないので、ひとつ、へぇーと思ったやつを。

カフェのストローが緑色の理由

タリーズもスタバもアイスコーヒーとかのストローが緑色ですけど、それはなんでなのかという話。スタバはエプロンとかも緑だし、なんとなくスタバ発祥な気がするけど、最初に緑のストローを採用したのはタリーズらしい。(タリーズが採用した半年後にスタバも採用)

タリーズコーヒーの1号店オープン当時、近くにスタバもあったのもあり、タリーズに訪れる人はほとんどいなかったんだとか。

そこで、松田さんがアイスコーヒーを飲みながら街を歩き回っていた。その理由は、当時の日本ではコーヒーをテイクアウトして飲みながら歩く習慣がなくこれをはやらせるため。マクドナルドなんかもそんなことしてたような気がします。そしてもう一つが、タリーズを知ってもらうため。つまり宣伝のため。

あるとき、手に持っていたコーヒーをあるカップルが見ていたので、心の中でよしよしと思っていたら、そのカップルはタリーズではなくスタバに行ってしまった

ここで、失敗に気づく。タリーズではなくスタバの宣伝をしてしまっていたことに。当時はスタバのほうが有名でタリーズは知られてなかったので、スタバと勘違いされてしまったわけだ。

そこで、ストローの色を変えようと思いついたらしいのです。当時は白に青とかピンクのストライブのストローしかなかったらしいのだけど、緑色の目立つストローを導入。最初、周りにはそんなストローは気持ち悪いと反対されたそうだけど、結局はスタバとは違うということをアピールすることができて目論みは成功したという話です。

それにしても、日本が発祥だったとは知りませんでした。

あとは、サンドイッチを置いてるのもタリーズ発祥のようです。もともとスタバとかは「うちはコーヒー屋なんだ」という意識が強かったので、クッキーとかその程度しか置いてなかったんだそう。

ちなみにこの話を聞いて、なんとなくタモリを思い出してしまった。タモリさんっていつもサングラスかけてますよね。昼間から黒いサングラスとかこえーよとか思いそうなものだけど、今となっては、タモリ=サングラス、サングラス=タモリ、みたいな感じで見事にキャラクターを作るのに成功してるもんなぁ。

Similar Posts:

    None Found

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL