リキッドデザインは本当にユーザーフレンドリーなのかということについて

リキッドデザインのメリット

画面の解像度に合わせて横幅が変化するので、いろんな環境に対応できるというのがリキッドデザインのメリットの一つらしい。

しかし、解像度の大きなディスプレイを使ってたりして、しかもブラウザを最大化しているような人にとって、横に広がりすぎるのは見にくい。(と思うんだけどなぁ…)

見やすい解像度ってどれくらいなのか

そもそも見やすい解像度ってどれぐらいなのか。固定幅のサイトだとだいたい650から1000pxぐらいが主流だと思う。

すると、ブラウザの、サイトが表示される部分の幅は最低でも1000pxぐらいは確保できるなら当然確保したい。

また、固定幅で1000pxぐらいのサイトは、サイドバーが広かったり、2列あったりとかしてるのが多いので、メインのコンテンツの幅はそんなに広いわけでもない。

個人的にだけど、メインのコンテンツの幅は広めにとっていても600pxとかそれくらいが見やすいような気がしてる。文字の大きさとかにもよるけれど。

しかし。リキッドデザインで1カラムのデザインとかだと1000pxに文章がいっぱいに広がることになる。見にくい。(いっぱいに広がっても不思議と見やすいサイトがたまにある。)

ウインドウ幅を調整するという面倒な行為

ここで、「見にくいなら、ウインドウの幅を調整するべき。」という主張がある。それがリキッドデザインのメリットらしいのだけど、訪れるサイトにあわせてウインドウサイズをいちいち調整しないといけないとかありえねぇ、と思う。基本的に大は小を兼ねるべき。

最大幅を設定したリキッドデザイン

そこで、最大幅を設定したリキッドデザインがあるけど、これはまぁ良い案だと思う。(IE6だと対応してないとかいろいろあるけど。)

その場合、基本的に最大幅で表示されることを想定してデザインするべきかと思う。「最大幅は1000pxだけど一番見やすいのは800pxぐらい」とかは避けるべきかと。(もちろん個人の感じ方はいろいろあるのだろうけど、作る側が想定するものとしての話です。)

横幅1000pxぐらいで見てほしいけど、800pxでもちゃんと見れるよ、それ以下でもなんとか見れるよ、みたいなのが最大幅を設定する場合のスタンスとしては良いのかなぁと思う。

つまりは、せっかく大きいディスプレイ使ってるのに、それ故に見にくくなったりするのはなんだか損した気分になるから避けたいということなのだけど。

最終的にはユーザースタイルシートとか作って好きにしたらいいのかもしれないけど、それはまた別の話。

Similar Posts:

    None Found

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL