Ubuntuを導入

ubuntu

ノートパソコン(Let’s note CF-W5)にUbuntuを入れてみた。
元々入っているWindowsVIstaとデュアルブートにしてもよかったのだけど、面倒だし、二つも入っていても使い分けとかできないだろうしということで、Vistaには消えてもらう方向で。

データの移動としては特に何も問題なかった。元々ノートパソコンの方には学校関連のデータしかとっておきたいようなデータは入ってなくて、それらは全部DropBoxでDesktopと同期されてるのでわざわざバックアップをとる必要もないし。

ちなみにLinuxをインストールするのは今回が始めて。Linuxは学校のPCにインストールしてあるVineLinuxをちょっと触ったことがあるだけなのでちょっとドキドキした。

インプレッション

初めから環境が整っている

特に何もいじらなくても大抵ものは揃ってる。それでいて無駄なものも特になく、絶妙。

見た目も良い

フォントとかきれい。MacOSXに最も近いLinuxといわれているそうで、なかなか洗練された感がある。

アプリケーションのインストールが楽

Linux特有なんでしょうか、アプリケーションの追加と削除というのがありまして、そこから検索して新しいソフトを探したりだとか、既にインストールされているものを削除したりだとかそういうのが簡単にできる。便利だ。

普通に軽い

まぁ、あくまでVistaと比べての話です。メモリ1GでVistaを動かそうとするのが間違っていたような気がしますが、いろいろと動きがサクサクしています。体感的には、メインのDesktop(XP,メモリ4G)と比べても違いが分からないレベル。もちろん負荷のかかる作業をさせたりしたらいろいろと変わってくるんでしょうが、そんなこともしないので。

問題

スピーカーから音が聞こえない

ヘッドフォンからは問題なく音が聞こえるんですが、スピーカーから音がしない。これはちょっとググったら欲あることみたいで解決しようと思えば解決できそう。ただ、スピーカーから音が出てもうれしいことがあんまりないというか、むしろ静かなところでWindowsの起動音ならしちゃってドキッとしたりとか、そういうことがあるので強制的にスピーカーからは音がしないほうがいいのかもしれない。ということで特になにもしないことにした。

結論

と、正味3時間くらいいじってみた感想がこんな感じ。結論としては、普通に使えるなぁと。

追記:導入までの方法

入手
Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team

インストールディスク作成
ISOイメージをCD-R(W)に書き込むには – Ubuntu Japanese Wiki

通常インストール
Ubuntuをインストールするには – Ubuntu Japanese Wiki

デュアルブートでインストール
UbuntuをWindowsとのデュアルブートでインストールするには – Ubuntu Japanese Wiki

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL