写真(画像)の管理方法について考える

写真の管理方法をけっこう前から調べていたのだけど、なかなかコレという情報はないもんだ。自分の場合、Picasaで管理し始めてからなんとなくこんな感じで行ってみようという雰囲気ができ始めて、以来その方法でずっとやってる。他の人がどんな風にやってるのかがとても気になるのだけど、自分がやってる方法をメモがてらまとめてみる。

写真(自分で撮影)と画像(カメラ以外+加工した写真)は分けて管理

写真はかなりの量があるけど、画像はそれほどない。ここでいう写真というのは自分で撮影したもの限定。ネットで拾って来たのとかじゃなくて。また、ここでいう画像というのは、Blog用に撮ったキャプチャだとか、写真をphotoshopかなんかで加工したりしたやつのこと。

そこで、自分の場合は「写真⇒Picasa」「画像⇒普通にエクスプローラ」という感じで、Picasaはあくまでも自分で撮影した写真のみを管理するツールとして使っている。

写真のディレクトリおよびファイル名

基本的に写真は時系列で管理している。写ってるものの種類で分けたり、場所でわけたりとかは絶対わけわからなくなる。少なくとも手間がかかる。時系列での管理は簡単。

photo_090611
写真を保存してるディレクトリ

写真を管理しているディレクトリは画像のように、「photo各年フォルダ各月フォルダ各日フォルダ」にして、その日に撮った写真は一つのフォルダで管理している。普通に見ようと思ったらフォルダ移動が煩わしく、恐ろしく見にくい。しかし、全部Picasaに放り込んでやればフォルダ間の移動はスクロールだけで、簡単に一覧をみることができるので問題ない。また、フォルダを作成するのもリネームソフトが副作用的に勝手に作ってくれるので手間はかからない。

ファイル名は、「撮影日+連番.jpg (ex: 090612_001.jpg)」で統一している。これの何が良いかというと、

  • ファイル名でいつの写真なのかわかる
  • 名前をつける手間がかからない
  • 今後、ファイル名が重複するファイルが発生しない

日付っていうのはありきたりでありながらそれなりにユニークなパラメーターでファイル名に含めるのにはかなり適していると感じているのだがどうだろう。

取り込み方
  • デジカメからな適当なディレクトリに取り込む
  • ざっと眺めながら、これは完全に失敗って感じの写真は消す(ほとんどは残る)
  • リネーム後、写真を管理してるディレクトリに移動
リネームの方法

リネームの方法はいろいろあるんだろうけど、自分の場合は「とりこみ隊」というソフトを使わせてもらっている。名前的に画像を取り込むソフトでいろいろ機能があるのだけどリネーム機能だけを使っている。1回設定すれば、1クリックでリネームが完了する。

画像のディレクトリおよびファイル名

自分の場合、ネットの画像を収集する癖はないので写真以外の画像ファイルはそれほど多くない。だから適当に、自分で加工したやつフォルダとか壁紙フォルダとかネットで気になった写真をジャンル分けなんかせずに入れておくフォルダとか何個か作って管理してる。というかこれは管理とは言えないかも。とにかく量が多くないのであんまり困ってない。

ただし、ファイル名に関しては、写真の場合と同様にできるだけ日付を入れるようにしている。あとからファイル名が重複するファイルが現れると困るし。変にかぶらないようなファイル名をつけようとすると面倒だし。

例えば、firefoxのウインドウをキャプチャしたとして、そのファイルに名前をつけようとするとき、「firefox.png」とかしちゃうと単純過ぎて、今後絶対同じ名前のファイルができるんだろうなという気になる。かといって、もう少し情報を追加しようとして、「firefox_googlereader_cap.png」(Googleリーダーの画面をキャプチャしたと想定してみた) とかやっても長いし、特に内容がが明瞭になったわけでもなくあまり意味がない。しかも、今後同じ名前のファイルを作らないという保証はない。ここで、「firefox_090612.png」と命名する。

すると、日付入りのユニークなファイル名でしかも短く、中身だってFirefoxのなんかの画像なんだろうなくらいの予想はつくようなファイル名になった。というわけで、この命名方法を自分は割とよく使ったりしている。

まとめ

なんか、長くなってしまってまとまらないけど、

  • 写真は時系列で管理が良い
  • Picasaが今のところ最強
  • ファイル名に日付を入れるのはいいことだ

というのが、個人的な意見です。

参考

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL