ガソリンエンジンとディーゼルエンジンについて色々と不思議なこと

オットーエンジンとディーゼルエンジンの違いと言うべきかもしれない。ガソリンは燃料でディーゼルは人の名前なので。

日本とヨーロッパの比較

日本では専らガソリンエンジンが主流ですが、ヨーロッパでは逆で乗用車でもディーゼルエンジンが主流 (6割はディーゼルだとか聞いた)。今後の流れとしても、日本はディーゼルはなくなる方向だけど、ヨーロッパではむしろディーゼルを推進。

ディーゼルエンジンの特徴

ディーゼルエンジンの方が仕組み的に熱効率が良い。また燃料も安い。よって、経済的だし環境にも優しい。ディーゼルエンジンは有害な排気ガスを出すと思われがちだけど最近はそうでもない。むしろきれい。というのが自分の認識。

なんで?

なぜ日本でディーゼルエンジンが普及する方向にいかないのかがすごく謎です。

思いつくのは、ディーゼルエンジン=環境に悪いっていうイメージがなぜか日本にあるからメーカーはディーゼル車を作れない。(たとえディーゼルの方が環境に良いとわかっていても) あと、ヨーロッパに比べて日本の軽油は質が悪いとかなんとかという話をネットで見かけた。(しかし、最近はなんとか改善してきているらしい。)

まぁ、ディーゼルだとかガソリンだとかそんなことより、なによりも今は「とりあえず車を売る」ってことで日本の自動車メーカーは頭がいっぱいって感じなのかもしれないけれど。

追記

【まとめ】ガソリンエンジンとディーゼルエンジン

Similar Posts:

    None Found

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL