32bitのWindowsでのメモリの有効利用

最近メモリの価格が少し上がってるらしいですが、それでもちょっと昔に比べたら相当安いです。
でも、32bitのOSではメインメモリを約3.5Gまで(環境によってはもっと少ない)しか認識してくれないので、64bitのOSを使うなどの方法を取らないと4G、ましてや8Gなんて積んでも無駄だった。しかし、その認識してくれない領域をRAMディスクとして利用する方法があるらしいのです。

RAM Diskはメインメモリ上に確保されるため、アクセス速度は非常に高速だ。実際に筆者の環境では、書き込み/読み出しとも1GB/sec超(4KBのランダム時は70MB/secほど)と、HDDなどとは比較にならないほどのスピードが実現されていた。

もちろん、PCの電源が落ちたらRAM Disk上のすべてのデータは無くなるわけだけど。

例えば、テンポラリフォルダやワークフォルダを置いたり、Webブラウザの一時ファイルを保存するフォルダを置くといったことには活用できるだろう。特に、画像編集ソフトのテンポラリフォルダとしてRAM Diskを指定すれば、劇的な効果が得られるはずだ。

やってみたい。すごくやってみたい。メモリ8G積みたい。
以上、うちの旧世代マシンには縁のない話でした。

Gavotte Ramdisk まとめWIKI – トップページ

Similar Posts:

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL